アップトーキョー

トーキョーを加速(ブースト)するアプリを紹介

「国内ブーストのおよそ半額」AppStore無料総合1位「THEトイレ我慢」のCTWさんに直接聞いてみた。

      2015/12/19

IMG_6008

「国内ブーストのおよそ半額」AppStore無料総合1位「THEトイレ我慢」のCTWさんに直接聞いてみた。

昨晩、突如AppStoreのトップ5に現れた「THEトイレ我慢」「爆裂!!タンクコレクション」。アップトーキョーが日々ウォッチしている国内大手のブーストアプリを介さずに、謎の広告手法でランクインした強者であります。
今朝になってついに総合1位の快挙を達成、さっそく記事にしたところ配信元の法人様より表現についてクレームをいただいたので、訂正してお詫びするとともに、どうやってAppStoreランキングのトップへ上り詰めたのかお話を伺いました。謎の中華ブーストは存在するのか、その費用とは?

–ご連絡ありがとうございます。アップトーキョーです。

突然のご連絡恐縮ではございますが、昨日にアップトウキョーで弊社のことを取り上げて頂きありがとうございました。
記事自体は扱ってくれることは望んでもないのですが、社名が出てる上で、少し表現を変えて欲しい箇所があります。
個人の感想として思われることは致し方無いと思いますが、少なくとも業界のメディアで扱う上では、表現をもう少し考慮して頂きたいです。ゲームを開発した人間もいますし、なんとかこの市場で生き残ろうと試行錯誤して戦っている人間もいます。なので、もう少し表現を変えて頂くか、社名及び個人名を晒して悪く聞こえる内容はやめて頂きたいです。

–表現について承知いたしました、ぜひこれから婉曲し修正していきたいと思います。ところで、今回、ランキング総合1位という輝かしい記録おめでとうございます!この手法に関して調査する上で、御社が浮上したわけですが、残念ながら、その手法がまったくわかりません。アプリのリリース日にノンレビューでランキングで上位にきている以上、何かしらブースト広告を行わないとあの位置に掲載はありえません。

はい、ブーストを実施しております。

–他社が同じ手法を行いたい場合どこに依頼すればよいのでしょうか?

広告会社名はCTW株式会社になります。
他社が広告を実施したい場合は弊社にご連絡頂ければ対応しております。

–それぞれ別々の個人名でアプリを配信し、御社のアカウントで出さない理由はなぜですか?

ご理解頂けるかどうかわかりませんが、アカウントを会社のもので出さない理由はリジェクト等のリスクがあるためです。
そもそもは会社名で出しておりました。

–具体的にどのような手法で、ランキング入りを果たしたでしょうか、費用感は?

費用感は国内ブーストのおおよそ半額くらいになります。

–今回、御社様の媒体と思われる「こづかいレボリューション」「こづかいエンペラー」「稼げる!テラ沢くん」では、掲載された形跡がありませんでした。私どもとしては、ブーストを実施している状況をぜひ拝見したく思っております。今回、実施したブーストのサイトやアプリをご教示いただければ幸いです。

大変申し訳ございませんが、媒体等は公表しておりません。というのも国内大手広告代理店からのアプローチを避けるためになります。
国内でもいくつかの商材などがありますが、広告代理店ではその仕入れがビジネスの肝となっている部分もあります。
ご理解頂けると幸いです。

–「こづかいレボリューション」「こづかいエンペラー」の上部バナーで「壮絶大海戦」という野良アプリがインストールができるようになっておりますが、Appleの規約に違反する行為をしていますよね?なぜこのようなことを行なうのでしょうか。ご存知のとおりiPhoneアプリは「App Store」からのインストールに限られております。それ以外の方法でインストールさせることは「かなりよろしくない」というより、Appleの規約的に「完全にアウト」です。

なるほどですね。そこは私の勉強不足です。

–国内大手のブーストアプリは、一般ユーザーへのポイントアプリという体裁となっています。ポイントを還元するかわりに、ユーザーのAppleアカウントで、指定のアプリをダウンロードする形ですね。御社が代理店として販売する「国内ブーストのおおよそ半額くらい」のブースト商品なのですが、仕組みがわかりません。日本のポイントアプリのように、中国人ユーザーにポイントアプリをダウンロードしてもらっても、中国のアカウントでアプリをダウンロードするので日本のAppStoreのランキングに無関係となりますよね。普通に考えると、海外にいながら、日本のアカウントを大量に保有していなければ成立しないのですが、どのような手法を行っているのでしょうか。

大変申し訳無いです、そのあたりが企業秘密になります。ご理解ください。

–そうですか。最後にこのトイレが1位なのですが、費用感教えてください。

250万円位になります。

—————————————————————-

「なんとかこの市場で生き残ろうと試行錯誤して戦っている人間もいます」

広告会社がゾーニングされていないアプリやサイトへエロバナーを表示したり、最近話題となっているネイティブアドという衣を被ったステマ、そしてAppStoreランキングを不正に操作するブースト広告など、ネット広告会社の利潤追求のために仕掛ける行為について問うと、必ずと言っていいほど同じような台詞を何度も聞かされてきました。

ある意味「生き残ろうと必死にやっている」が免罪符となって、法律、業界団体のポリシー、プラットホームの規約を無視しているのだと思います。
スマートフォンをめぐるこの世界を本当に変えようと思ってやっているのでしょうか。

c85e0e44efbdc0e77a76

e9485313af88cbc4786a

788f759f1517ac778c58

5f6f1b8d5d23717416cc