アップトーキョー

トーキョーを加速(ブースト)するアプリを紹介

「子供・家族の安全を守る位置情報追跡共有アプリ」だってブーストする時代ですから #AppStore定点観測 6/16

      2015/12/19

2d519b23a5da372a458e

「子供・家族の安全を守る位置情報追跡共有アプリ」だってブーストする時代ですから #AppStore定点観測 6/16

連日のブースト報道、今度は日経ビジネスオンライン様より、仕組みの解説、規約について、さらには広告会社への取材回答と、さすがとしか言いようのない、非の打ち所がない素晴らしい記事が配信されました。

———
スマホアプリ、操作されるランキング ランキングを意図的に上昇させる「ブースト」の内幕
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20150615/284251/
———-

アップトーキョーをかなりご覧になっていただいたのだろうなぁ〜という情報も多分に含んでおりますが、独自取材に基づいたスクリーンショットに図表にと、とても分かりやすく、業界関係者だけでなく、スマホユーザ必見のブースト記事だと思います。

一声かけてくれればいくらでも協力したのに!と涙を流しながら拝読させていただきつつ、あらためて、マニアックであまり知られていなかったブーストの仕組みや問題点が、まさに今、この瞬間、広く世に知れ渡りつつあることを、とてもとても喜んでおります。いいぞ、もっとやれ!

「日経ビジネスでは、現在各社に取材を申し込んでおり、今後も詳報をお届けする予定だ。」
とのことですので、マダァ?しながら期待していたいと思います。

さて本日のブーストの注目株は、やはり、
——–
spacosa corp
「ドコナノ~子供・家族の安全を守る位置情報追跡共有サービス~」
https://appsto.re/jp/sdG22.i
———
ですね。こちら49位でした。せっかく、1ダウンロード40円も出したのに、件数が足らなかったのか、さすがにおこづかい中高生もダウンロードを怯むようなタイトルのせいか、少々残念な結果となりました。

別に教育関連サービスを慈善事業でやれとか、商売っ気出すなとか、広告やるなとか、言いたいわけではありません。
いいじゃないですか、このアプリが100万ダウンロードされて、利用者の中で行方不明になったお子様が見つかったり、認知症で夜間徘徊している老人を確保できたりすれば。

しかしながら、せっかく配信したのにあまりダウンロードされないから、ソシャゲみたいなアプリ内課金がまったく奮わないから、などという理由があるのかもしれませんが、不正な手段でランキングを上昇させる広告手法はいかがなものでしょうか?

本来ならば、守るべきお子様たちへ、Amazonギフト券をエサにして意味のないダウンロードを助長することに何の意義があると言うのでしょう。

もちろん代理店にグロスでプロモーション依頼したうちのひとつであったりして、規約違反を知らずに実施していたり、ブーストについて一度もAppleから警告がないため違反があるとは認識していない、と考えているのかもしれません。

それは、ただの欺瞞です。

Apple/googleどちらの規約にも、不正にランキングを上げる行為を禁止していますし、昨日のねとらぼ様の報道( http://nlab.itmedia.co.jp/nl/spv/1506/15/news089.html )にて、リワード広告についてAppleから警告があったためアプリが削除されていたことがハッキリしました。

そのアプリを削除されていた企業の代表は「基本的にはiOSのデベロッパーガイドラインを尊重し、それに沿った形でAppleとコミュニケーションをとりながら進めていくことが大切だと考えています」と回答していたそうです。

何を今更!?そんなの当たり前でしょう?しかも「基本的には」って何!?バレなきゃいいっていいたいの?

個人でも法人でも、AppStoreへアプリを配信するには、規約に[同意]しないと配信することはできません。あなたたちは[同意]したからアプリを配信できているのです。

「基本的に」とか「尊重」とかでは完全にありえないのです。[同意]したのです。そんなこと言ってるならさっさと[同意しない]ことにして、アプリの配信をおやめなさい。

そんな感じで、本日もブースト勢は規約を無視して、同意を無視して、ランキングを汚しております。

まずは子供、家族を守りたいと思っているようなアプリデベロッパー様は、今一度規約を査読いただくことをお勧めいたします。

さて、今夜は24:05からのWebのテレビ番組( http://www.houdoukyoku.jp/sp/ )を楽しみにしつつ、AppStoreを眺めながら憂いでいようとおもいます。では。

2d519b23a5da372a458e

ada8190ba7b8f912ea29

f7579a217b2b49b33d3e

7aab4c47b8ea6b334a31

c7bdc4e6dbcd8c876aec