アップトーキョー

トーキョーを加速(ブースト)するアプリを紹介

魅力的な『脱出ゲーム』の固定ファンとライフサイクル → そこにも狙いを定めるブーストアプリ会社

      2015/12/19

image

(本稿残念ながらアップトーキョーの勝手記事につき、残念ながら記事広告・ステマではありません、涙…)

ソーシャルゲームがひとつの同じアプリでイベントやクエスト追加を重ねて、長く遊ばせようとすればするほど、ユーザーはApp Storeをとりまくエコシステムから離脱してしまいます。
普段遊ぶアプリが固定化してしまうと、他のアプリを落とさなくなるため、App Storeを開くこともダウンロードすることも減って、新しいアプリを求めるユーザーよりも、莫大な人員や開発費をかけたソーシャルゲームの方が供給過多になってしまいます。もはやApp Storeは魔法石販売所と化してしまう…これはアプリ開発会社にとって死活問題ですね。

image
『脱出ゲーム』はその名のとおり“脱出”という、そのアプリのエンドポイントがあります。ゲームクリアでほぼ大半のユーザーが満足して、次の『脱出ゲーム』を探しにApp Storeへ戻ります。
それは昔、ファミリーコンピューターという、ゲーム業界に革命をもたらした家庭用ゲーム機が作り出した、魔法のような仕掛けに似ています。概ね3千円〜5千円で販売されたゲームカセットは、5時間〜20時間程度遊ぶとゲームクリア(か飽きる)となり、子供は次のカセットを探しにファミコンショップへ戻ります。そうして部屋にはファミコンカセットの山ができるのです。

image
『脱出ゲーム』の固定ファンはシリーズものを好みます。クオリティーが担保されたブランドで、新アプリが出れば開発者の告知や、各種媒体で紹介されて話題となります。
必ずダウンロードしてくれる一定数のユーザーがランキングを押し上げて、またさらにファンを増やすという良質なスパイラルを育むのです。

ただ残念なことに、おこづかいアプリでダウンロードを促進して、ランキングを押し上げる「ブースト脱出ゲーム」が本日(9月22日)は2つもあります。
image
金になる市場へ集るハイエナパクリ会社のものですので、これらの「ブースト脱出ゲーム」はダウンロードしないことをおすすめします。

58worksの『DOOORS』シリーズは全世界累計3,000万ダウンロード( http://gamebiz.jp/?p=139761 )という名実共に脱出ゲーム界ナンバーワンブランドです。

image
最新作である『脱出ゲーム DOOORS APEX』( https://appsto.re/jp/2dc29.i )も、ジワジワもランクアップして、現在総合34位にまで来ています。

image
(ランキング出典 : AppAnnie )

image
もしブースト勢がいなければ、現在の本当の順位は19位となります。ベスト20で弾みがつきさらにランクアップ、国内での人気が海外へ波及して、全世界で人気作となる可能性が秘められていると思います。

明日から、シルバーウィーク明けでリワード広告の出稿が減ったタイミングで良い兆候が見られるかもしれませんね。さらに3日後の金曜日、App Storeおすすめの「ベスト新着App」更新も楽しみですね。

お金で不正にランキングへ介入するアプリがいなければ、良いアプリが話題となり、自然とランキング上位へ表示されて、それを欲しているユーザーへ必ず届きます。さらに人気となったアプリは、世界中のスマートフォンユーザーを楽しませることができるでしょう。
そうした自然で、公平な市場の見え方を、ブーストはぶち壊しているのです。

音楽CDは枚数、映画は興収金額、ゲームは販売本数、アプリはほぼダウンロード数で、人気ランキングが発表されます。それを消費者は信頼して、購入のきっかけにするのは当たり前ですよね。

App Storeの総合9位にいる出会い系アプリは本当に人気アプリと思いますか?
ブーストが絶滅して、真の人気アプリが自然と上位へ表示される。そんな当たり前のことが、当たり前になっていません。

アップトーキョーを見て、ブーストしていない、本当の人気作を見定めて、ぜひ応援してあげてください。
私も応援しています!まだダウンロードしていませんけどえっとこれから!

image脱出ゲーム DOOORS APEX
カテゴリ: ゲーム
現在の価格: 無料

 
 
今夜の定点観測は、アップトーキョー開設5か月(4.22-9.22)を祝して、本当にくだらない記事をアップします。ご期待ください!