アップトーキョー

トーキョーを加速(ブースト)するアプリを紹介

アプリ開発者がユーザーもメディアも他のアプリ開発者もだまして売れる市場になるとでも思ってるの? #AppStore定点観測 10/2

      2015/12/19

今夜はリワード広告にお金払ってダウンロード数水増ししてんのに、「◯◯万ダウンロード突破!」って、メディアにもユーザーにも開発者にも伝えていて、さらに「App Storeランキング1位!」もそうですけど、嘘にまみれたこのアプリ業界どうよってお話です。

「それってリワード以外の広告でもダメなん?、ダウンロード数水増しってこと?」と思われる方がいるかもしれません。確かに広告にお金払って、最終的にダウンロード数増やしてるといえるからと思うでしょう。

全然違います!!

テレビCM、雑誌広告、Webバナー、ゲーム系メディアへの記事広告…などなど。それらを見たユーザーが「へーおもしろそうだな」と感じてダウンロードする行為。それは、まったく、健全です。当たり前ですが、“ダウンロードする”という行為が、ユーザーが自発的にそのアプリを遊んでみようという意思があるからです。

かたやリワード広告でのダウンロード数水増し。これはユーザーはなんのために“ダウンロードする”のでしょうか?

 
こういうのとか……

こういうやつ……


よくありますよね。

これら読者に「素晴らしいダウンロード数だ!」と認識させる中核的役割を果たしているのは何でしょう?やっぱり人気があるから?いいえ違います。

IMG_9275IMG_1613



こちらとなります。ダウンロード一回につき、10〜100円を支払って、その日のうちに5〜10万ダウンロードを恣意的に、そして確実に増やすことができます。

 
今年初旬にリリースされたゲームアプリについて。

2015年1月〜2月

神になって惑星を復活させろ。『再生!カラカラ惑星』が良くできすぎていてハマる! – ゲームキャスト iPhone(2015年1月21日)
http://www.gamecast-blog.com/archives/65818419.html

【個人開発ゲームを斬る】早くも出た2015年個人開発“ベストアプリ当確”『再生!カラカラ惑星』 [ファミ通app](2015年2月10日)
http://app.famitsu.com/20150210_490456/

2015年9月

全部で9アプリをつくってきて、累計で200万ダウンロードくらいされています。
「今年リリースした「再生! カラカラ惑星」は、思ったよりもダウンロードされませんでした。数で言うと、10万ダウンロードくらいです。」

ダウンロード数を増やすために、工夫していることはありますか?
最近、GooglePlayの「ABテスト」の機能をつかって、アプリストアの「アイコン」「スクリーンショット」「説明文」を改善しています。」

「初アプリでサラリーマンの給料超え。独立したが現在はギリギリ生活できるレベル」アプリ戦国時代を生きる、地方で暮らすアプリ開発者に聞く。
http://appmarketinglabo.net/rural-appdev/

そうですか……。

Planet_Regeneration_Story_-_iOS_Store_ランク履歴___App_Annie
(ランキング出典 : AppAnnie)

2015年4月29日(ゴールデンウィーク初日)

15円ブーストをいくら打とうがランキング上がらない事例www #AppStore定点観測 4/29 http://app.tokyo/2015/04/29/631/

69def32256648f136024-580x435
fdb19820e685cf43fd29
5e11d9435e0a91cd2ba0
4ceca316380b2c085371

 

「これらのリワード広告活用によるダウンロード数の水増しは無料ランキングの操作にあたるため、利用規約違反であることはAppleやGoogleにもはっきり書いてあります。にもかかわらず、この手のリワード広告を展開し、ランキングを操作したりダウンロード数を水増しする行為は問題であることは言うまでもありません。たとえプラットフォーム側から警告されなくとも、ルールを守って社会的倫理に背かない活動をする必要が企業には求められています。

つまり、リワード広告単体は別に問題ないけど、この仕組みを悪用してダウンロード数を水増しして「100万ダウンロード突破!」とかいってインチキをしたり、ダウンロード数で無料ランキングが決まるやり方で流行ってもいないアプリを上位に押し込んだりするのは問題取引ですよ、ということですね。」

ユナイテッド他、偽装子会社を使いリワード広告用の小遣いアプリを複数運用(山本一郎) – Y!ニュース http://bylines.news.yahoo.co.jp/yamamotoichiro/20150621-00046867/

 
これは、一デベロッパーだけの問題では決してありません。
たとえば大手さんが開き直るとこうなります。

cc_reward10
『ぷよぷよ!!クエスト』1400万ダウンロード達成!!!
http://sega-net.com/release/150915_14976.html

IMG_9531
セガの海洋冒険バトル『戦の海賊』100万ダウンロード突破!!
http://sega-net.com/release/150903_14582.html

5825fae7145d8257576a
『モンスターギア』300万ダウンロード突破記念!
http://sega-net.com/release/150903_14574.html

c5e0017b7a23fa81f39c-580x305
『ケイオスドラゴン 混沌戦争』40万ダウンロード突破!
http://sega-net.com/release/150824_14067.html

「アプリが◯◯万ダウンロード!」「アプリがApp Store総合1位獲得!」ってニュースになっていたら、それを見たユーザーや、他の開発者は、その数、普通に信じるでしょう?
それがどちらも「ブースト」によって、金で買われた嘘だと分かる人はほぼいません。

もちろんその数字を信じて、ニュースとして掲載したメディアも、まさかその数字が金で買われた不正なダウンロード数とは思っていません。

そうやって嘘が蔓延して、アプリ開発者はその業界に関わるすべての人をだまして、自分らだけの一時的な利益を得ているのです。

このような不正行為が2年以上、日本のアプリ市場で猛威を振るった結果はどうなったと思いますか?

直近でApp Store総合8位(アップトーキョー調べ)となった著名なアプリ開発者様はこう呟かれております。

皆さんも同じこと感じていませんか?
成熟した市場だから?過当競争だから?

今夜の不正ランキング操作をしているアプリ、ブースト勢の赤枠を見ながら、その“なぜか”をぜひ、自分らだけ良ければそれでいいではなく、「もっとたくさんの本当におもしろいアプリが出てほしい」と考えるユーザーの観点から、また「もっとアプリを楽しむユーザーが増えて市場が活性化して、業界全体が盛り上がってほしい」と考える開発者やメディアの観点から、考えていただければと思います。

image

image

image

image

image