アップトーキョー

トーキョーを加速(ブースト)するアプリを紹介

AppBank営業利益減に色濃く傷跡を残す「モンストリワード」廃止の影響 #AppStore定点観測 3/10

   

image

 

本日のIRで「2016.03.10 tekiji 公認会計士等の異動に関するお知らせ」というお知らせがあり、監査法人が変更になったそうです。上場直後の監査法人異動は極めて異例なことだそうですよ。

そして先週、12月期の四半期決算が発表されていました。売上高と営業利益のグラフに「うちモンストリワード影響額」という数字がしっかり記載されていて、あらためてその利益の大きさに驚きました。稼いでいたのですねぇ。

image

image

資料によると「モンストリワード」の売上高/営業利益は、14年第四四半期に1億3千8百万/7千万、15年第一四半期に2億1千3百万/1億1千万、15年第二四半期に2億3千百万/1億1千9百万ということだそうです。

モンストのオーブ一個配るのに80円売り上げていましたから、3か月間で2億ということは、1か月あたり83万個のオーブを配っていました。1日あたり2万8千個!
もちろん皆さんご存知のとおりオーブ一個でリワード広告アプリを1ダウンロードです。1か月に83万ダウンロードもムダにアプリをダウンロードさせて、3か月でなんと250万ダウンロードもランキング不正操作に利用されていたわけです。

minneをAWAをモンギアを総合1位へ押し上げたAppBankのモンストリワードがこれだけ強かったのも頷けますね。

そんな風に儲かっていたモンストリワードですが、去年6月に廃止となり、10月に上場、そして上場後初の四半期決算で大幅減となりました。営業利益なんて、横領による調整が無ければ、この2年間で2014年第一四半期に次ぐ減りっぷりです。

このように「楽しいiPhone」を通じてアプリ界、iPhone界を盛り上げてきたAppBankですが、もうその先の未来を見据えているようです。さすがですね。

image

image

「脱スマホ」だそうです!

頑張ってください!!

 
さて、モンストリワード亡きリワード広告は今日はこのようになっております。

image

image

image

image