アップトーキョー

トーキョーを加速(ブースト)するアプリを紹介

リワード広告勢力拡大 多段ブーストから17時ブーストに戻りつつあります #AppStore定点観測 4/14

   

昨年のおこづかいアプリ大粛清などの影響でその威力を弱めつつあったリワード広告ですが、再び短時間でのダウンロード数を増幅してきています。

何時に見てもブーストしっ放しの多段ブーストから、以前のような17時開始ブーストでも、ゴールデンタイムに十分ランキング上位を確保できる急進撃ぶりです。

情報によれば、17時開始にて5万〜7万ダウンロードは消化できるそうです。短時間でこれだけのダウンロードを促進できれば、圏外から初登場でトップ10内も狙える勢いです。

11日月曜日の17時にブーストを始めたアプリを見てみましょう。

image

image

どちらもゴールデンタイムのランキング更新でトップ20に新着でランクインしているのが分かります。

image

翌火曜日12日の17時開始ブーストも……

image

こうなりました。

image

image

GTラボのおこづかいアプリ「ゼロゲー」でも、16,17時に案件が増えるとしつこく通知しています。

image

ポイントメディアだけにモラルが欠如しているわけではありません。

リワード広告を利用して、ランキング不正行為を行うアプリ自体もランキングリジェクトやBANされるべきです。

App Storeで「ポイントアプリ」「稼ぐ」などと検索して、17時に日本国内で起動すれば不正アプリはすぐに見つかります。

リワード広告でランキングリジェクトやアプリBANやアカウントBANのリスクが増大すれば、いくら消化が早くランキングに効果があっても、それを使うアプリデベロッパーがいなくなれば滅亡します。
なぜそんな簡単なことをAppleはやらずにここまできてしまったのでしょう。不思議ですね。

このままではリワード広告を利用するアプリデベロッパーよりも、App Storeを利用するユーザーの方が先にいなくなりそうで怖いですね。

 
image

image

image