アップトーキョー

トーキョーを加速(ブースト)するアプリを紹介

リワード広告からアダルトアフィリエイトへ? App Storeサブスクモデルが全面解禁 #AppStore定点観測 6/9

   

今日未明からフィル・シラーさんの独占インタビューを皮切りに世界中でApp Storeの大改革のニュースか駆け巡りました。

内容的には、App Storeおすすめの毎日更新、アプリ審査の速度向上、カテゴリタブの復活、月額制課金の全面解禁、リスティング型検索画面広告開始の5つでした。

ランキングに関しての改善などの情報がひとつもなかったのが残念です。アメリカではランキングは安定して完成されたものという認識なのか、WWDCでサプライズがあるのか。アップトーキョーとしては後者を期待して6月14日午前2時のライブ配信を楽しみにしたいと思います。

今まで一部のサービスでしか認められなかった継続型定額課金のサブスクリプション課金が、タッチしてジャンプするだけのクソゲーにも設置可能になるという変革は、iモード公式サイトで月額315円に420円払って会員訴求したアフィリエイト時代の再到来を予感させますね。

ただこれだけフリーミアムでガチャ課金が当たり前になってしまったスマホソシャゲなApp Storeが、コロッと月額制になることはないと思います。パズドラやモンストがいきなり月額制になったら暴動が起きるでしょう。
そもそもおこづかい少ない中高生の溜まり場となってしまったApp Storeでサブスクモデルが流行る余力はもはや無いと思います。

ランキングに目立たぬ形で、実は10万人(休眠)会員がいますという月額制アプリが増えてくるかもしれないのは、リテラシーの低いオジサマ向けにアダルトアフィリエイトがどれだけ暗躍するかにかかっているでしょう。

回線やアクセスログを牛耳っていたiモードやEzWebのキャリア様は、アダルトサイトから公式サイト入会のキャッシュバック踏み台とする行為は問題があるとして監視の目を光らせていましたが、Appleはリワード広告でさえユーザーのダウンロードによるポイント付与までが追えていない状況でしたから、アダルトアフィリエイトやりたい放題になると思います。

おこづかいアプリは次第に衰退して、アダルトサイトでギリギリ見えそうで見えない状態で再生停止したスマホ画面に「この続きを見たかったらこのアプリをダウンロードして月額登録してきてね!」とオッサンユーザーを優しく誘うサイトが激増すれば素敵ですね。
現在のようにランキングが汚染されるほどの勢力にはなりませんが、毎月課金されていることに気付かないおじさん達がクレジットカード支払いが自動更新され続けるのです。ちなみにそのサブスクアプリは削除済みなので、ホーム画面を見て思い出すこともなくそっとしておいてあげられますw

ソーシャルゲームに興じる中高生と、サブスク登録したまま忘れるオッサン達と、二手に分かれて今後もApp Storeが盛り上がる素晴らしき日々が始まります。

とりあえずCAリワードさんはCAアフィリエイトさんに改名していただければ幸いです。

image

image
imageimage