アップトーキョー

トーキョーを加速(ブースト)するアプリを紹介

3年前の今日、リワード広告が上位ランキングを占拠していることが報告されていた #AppStore定点観測 8/16

   

image

3年前の今日、2013年8月16日、Social Game InfoにてApp Storeの「ランキング更新頻度の変更」と「ランキングアルゴリズムにダウンロード数以外にDAUが加味されるようになった」ことが報告されていました。

(1)更新間隔が3時間に
App Storeではこれまで15分おきにランキングが更新されていたが、8月10日より3時間おきに変更された。

これまでは15分間隔で更新されるランキングが、現在と同じように3時間間隔となったのでありますが、これにより17時〜19時の間にブースト炸裂すれば19時のランキング更新で、ゴールデンタイムの一番自然なダウンロード数が伸びる時間に不正操作でランキング上位へ表示されるという結果となってしまったのです。
しかも17時からのブーストは、おこづかいアプリのユーザーである中高生にも定時で案件が提供される、放課後の一番暇な時間に数十円もらえるおこづかい稼ぎができるという状況に。

リワード広告業界にとって一石二鳥のApp Storeランキングアルゴリズムの変更でしたが、改悪そのものでありました。

それを補うように、ランキング決定の指標にDAUが加味されたことも報告されていました。

これまでのようにダウンロード数に加えて、インストール後の継続率もしくはDAU(Daily Active Users)といった指標が加味されるようになったとの観測が出ている。

しかしながら、DAUの比率を高めると暇なときにちょっと勤しむゲームなどより、LINEのように日常で使うツールのほうが上位固定になってしまいます。従って依然としてどんな形であれダウンロード数に依存するアルゴリズムであることに変わりありません。

GooglePlayがランキング操作しにくいとされるのは、ランキング更新頻度を3日間と効果が推し測りにくい期間であること、またGoogleお得意の広大なインターネット検索結果表示の最適化手法である、あらゆる情報を統合的に解析した上で最も精度の高いサイトから順番に表示するという「ページランク」の仕組みを、アプリストアのランキングにも実装されているからであると推測されています。もちろんこれが分かるとランキングハックされてしまうので非公開ですが。

リワード広告のランキング押上効果や、即効性などについても弱まることになると予想される。

結局、Googleのような精度の高いランキングアルゴリズムを作ることは、3年経ってもAppleにはかないませんでした。

かくして、毎日17時におこづかいアプリを使って不正なダウンロード数を爆発的に増やせばランキングが操作できることが分かった業者は、おこづかいアプリ同士でブーストしまくることで2014年には無料総合ランキングはおこづかいアプリで溢れかえるという凄絶な状況となってしまったのでありました。

image
(2014年10月のApp Storeランキング)

3年前の記事では最後にこのように締めくくられています。

ポイントアプリへの出稿状況などと、ランキングを照合したところ、ランキング上位タイトルはほぼブーストを行なっていることから、現在もダウンロード数の比率は最も高いことが伺える。したがって、リワード広告は依然としてプロモーション施策上、最も効果的な施策という点では変わっていないようである。

App Storeの健全性を歪める行為がたびたび指摘されてきたのにも関わらず、なぜAppleは放置してきたのでしょうか。

Appleが、自分のApp Storeにあるおこづかいアプリを見て、そこに表示されているアプリを不正行為としてBANすれば良いだけの簡単なお仕事です。

この簡単なお仕事を実施して、今年1月末にリワード広告を全廃させることに成功したプラットホームがありました。

この時、au by KDDIは開発社むけに以下のような通達を出していたとのことです。

昨今、サービスの信頼性を損なうようなメディアや訴求表現・手法でのプロモーションが散見されております。
このような事象は、auスマートパス自体の信頼性を損ない、auスマートパスに参画いただいている全てのコンテンツプロバイダ様にとって不利益を被る事態にも発展しかねません。サービスの健全性保護、auユーザーおよびコンテンツプロバイダ様の保護の観点から、プロモーション統制の管理体制を構築してまいります。

このように開発会社向けにパトロール強化と断固とした制裁を実施する旨を公式に発表すれば、ランキングやプラットホーム自体の健全性を歪めるリワード広告など、一夜にして壊滅することができるのです。

これをやらずにいるApple日本法人にリワード広告会社との癒着などの疑念を抱くことしかできません。
いったい何がここまで、規約違反の不正行為を野放しにする風潮となってしまったのでしょうか。

 

image

image
image