アップトーキョー

トーキョーを加速(ブースト)するアプリを紹介

【ランキング不正競争】セガ「野球つく!!」配信開始に併せてDeNA「プロ野球ロワイヤル」がブースト、そしてセガも…… #AppStore定点観測 9/9

   

10万人を突破したとされるセガの「野球つく!!」が7月1日にリリースされていました。

でも結局総合ランキングでは58位止まりで下降線……。
image

その後、サマーアップデートなどで話題を集めようとしましたが……

ランキングは474位止まりとバットも振るわない様子でございました。

image
AppAnnie

こうなってしまった原因のひとつにやっぱりブーストが介在していました。

3月に配信開始済みのDeNAの「プロ野球ロワイヤル」が、「野球つく!!」の配信開始日の7月1日にぴったり合わせてランキング不正操作を行い、総合6位まで来ていたのです。
image

見事なライバル潰しですね。社長自らブーストを肯定している企業風土が見事に表現されております。こんな会社が任天堂さんとアプリ事業で組んでいるのが残念で仕方ありません。

「みんなやってるからブースト広告はまだやります!-ディー・エヌ・エー 2016年株主総会の内容まとめ – スズキオンライン」

Q アップルが規約で禁じているブースト広告をワンピースやFFRK、戦魂で使っているが、どういう認識でやっているのか。また、ブーストで水増ししたDL数込みでのリリースを発表しているのは株主判断を誤らせるものではないか。アクティブユーザーとかにできないか

守安:リワード広告(ブースト広告)は他事業者のやり方も見ながら運用していて問題ないと認識。アップルやグーグルからも特に何も言われていない。ブースト広告によるダウンロード数はそこまで多くはないので、発表するのはダウンロード数のままでいいと思う 

そして本日9月9日、目には目をブーストにはブーストをとApp Storeで不正行為競争が行われます。

野球つく!!
カテゴリ : ゲーム/シミュレーション/エンターテインメント
SEGA CORPORATION

image

image

image

DeNAが嫌がらせのように潰しにかかってきたこともありますが、結局、配信開始時に10万事前予約と正当なプロモーションやパブリシティにをもってしても総合58位というのがこのアプリの実力なわけです。

そこで中高生にお金を配ってまったく興味ない人にダウンロードしてもらうことで、App Storeのランキングを駆け上ることになんの意味があるのでしょうか。リワード広告はプロモーションではありません、広告ではありません、ただの規約違反の不正行為であります。

これではせっかく懸命にお仕事を頑張った開発者さんたちが報われません。ランキングを操作するのではなく、本当に興味がある利用者に訴求して人気が出ることで自然とランキングが上がるのが当たり前のことであります。

 

image

image

image