アップトーキョー

トーキョーを加速(ブースト)するアプリを紹介

ポケモンGO「バレンタインキャンペーン」でピンク色に染まる #AppStore定点観測 2/9

   

ピカチュウサンタが出まくった年末年始以来となる『ポケモンGO』のシーズナルキャンペーンが今朝方より開始されました。

ピクシーやラッキーなど、バレンタインにお似合いのかわいらしいピンクのポケモンもたくさん現れるようです。また、タマゴからはピィ、ププリン、ムチュールなどのポケモンが多くかえるようになります。

バレンタインデーでピンク色というのは世界共通なのでしょうか、どちらかというと乳がん早期発見キャンペーンを思い起こしてしまいますが、以前から巷に溢れていたヤドン、ピッピ、タマタマに加えて、ラッキー、ベロリンガ、ポリゴンなども出現しやすくなっているようです。


(出現率が高くなったピンク色ポケモン。いや…それやないんや……)

昨日から『ポケモン サン&ムーン』では、爆笑CMに併せて吉田沙保里のカイリキープレゼントのキャンペーンが始まっています。こちらのほうがインパクトはデカイですねw

カイリキーより強そうなサポーターのサオリさんはソルガレオもノーマルわざ一撃で倒せそうです。

願わくばスマホを持った中高年の方が、セブンイレブンの店員さんに「カイリキー出てこないんだが」とクレームをつけたりしないことをお祈りしております。

ポケモンGOは他にも、貰えるアメが倍増したりポケストップにピンクの桜吹雪が舞うルアーモージュルの効力が30分から6時間に増えたりするそうです。

2月2日のリリースから1週間経ち、トップセールスの2位にまで躍り出ている『ファイアーエムブレムヒーローズ』や、先日の経営方針発表会で7,800万ダウンロード、課金率5%という凄まじい記録を達成してAndroid版のリリースも近づく『スーパーマリオラン』など、今後も任天堂勢のスマホアプリ界で大暴れすることを期待しております。