アップトーキョー

トーキョーを加速(ブースト)するアプリを紹介

吉野家に怒られた「マネキン」のメディアラスタライズ、おこづかいアプリ「ガチャPO」をひっそりと終了 #AppStore定点観測 2/16

   

「吉野家の牛丼1万5000円分食べ放題」という私ならもれなく釣られる偽広告キャンペーンで、吉野家を怒らせたメディアラスタライズ社運営の「マネキン(maneking.jp)」というポイントサイトが謝罪しながら、リニューアル中であるとしてリワード広告やアフィリエイト広告を非表示にしてから5日が経ちました。

メディアラスタライズ社のホームページでは、マネキンの会員誘導への広告に、吉野家のキャンペーンと誤認させてしまうおそれのある箇所があり、文言・表現や画像などの社内チェック体制の不備や、プロモーション原稿制作者に景品表示法や著作権法、商標法といった法令の認識に甘さがあったことが、今回の問題を引き起こした原因であったと謝罪。チェック体制の整備を掲げています。

2017.02.08 牛丼1万5千円分ギフトプレゼントキャンペーンについてのお詫び

2017.02.09 キャンペーン問題の原因と今後のご対応について

が、当のマネキンサイトの会員向けページではそんなことはどこにも書いておらず、「manekinではリニューアルにともない、2月11日(土)よりすべてのポイント対象広告の配信を「一時停止」とさせていただきます。」と表記。表向きに陳謝している様子を見せていながらも、裏では反省してない様子が垣間見える状況となっています。

そんな折、一昨年8月のおこづかいアプリ大粛清事件に巻き込まれApp StoreからBANされつつも、既存会員向けに2013年から4年に渡り運営されてきた同社のおこづかいアプリ「ガチャPO!」に残念なお知らせが掲載されました。


メディアラスタライズ社の「ガチャPO!」(在りし日のApp Storeのすがた)

現在も元気にランキング不正操作に関わっております。

しかしながら、BANから1年半、お小遣い中高生の成長に伴い利用者が減少、そして今回の吉野家騒動で浴びた火の粉が辛かったのか「誠に勝手ながら2017年2月28日17:59をもちましてガチャPO!のすべてのサービスを終了させていただくことになりました」と発表することとなりました。

悲しみが雪のように積もる夜となりましたが、ギャル服ファッション激安通販などで健全な事業運営を続けていただければ幸いでございます。