アップトーキョー

トーキョーを加速(ブースト)するアプリを紹介

iTunesアフィリエイトのアプリ課金報酬が全世界で7%→2.5%に減る #AppStore定点観測 4/25

   

昨年10月に日本だけ7%→2.5%に引き下げられて、アプリ内課金キャッシュバックサイトを見事に滅ぼしたiTunesアフィリエイトでありましたが……。

ついに5月から世界中の全ての有料アプリ課金、アプリ内課金も7%→2.5%になってしまうことが明らかになりました。

Updates on Commissions
Starting on May 1st 2017, commissions for all app and in-app content will be reduced from 7% to 2.5% globally. All other content types (music, movies, books, and TV) will remain at the current 7% commission rate in all markets. We will also continue to pay affiliate commissions on Apple Music memberships so there are many ways to earn commissions with the program.

手数料に関する最新情報
2017年5月1日から、すべてのアプリとアプリ内コンテンツの手数料は、世界中で7%から2.5%に引き下げられます。他のすべてのコンテンツタイプ(音楽、映画、書籍、テレビ)は、すべての市場で現在の7%の手数料率を維持します。また、アップルの音楽メンバーシップのアフィリエイト手数料も引き続き支払う予定です。そのため、プログラムで手数料を得る方法はたくさんあります。

これにより打撃を受けるのは、アプリ紹介サイトです。海外では、PocketGamer、TouchArcade、SlideToPlay、148Appsなどアプリやスマホゲーム愛好家のためのアプリ情報サイトが日本に比べたらまだまだ元気でしたが、アプリの課金でのキックバックを諦めて記事広告やサイト内バナーなどの収益源をさらに増やして行かなくてはなりません。というかもう無理かもしれません。

アップトーキョーもインターネットの片隅でアプリ情報サイトを運営しておりますが、アプリレビューしてないのでまったく影響はありません。というか収益さえほぼありません。

「リンクシェア」から「PHG」、そしてiTunesアフィリエイトへと、アプリ業界の発展と寄り添いながら、外部メディアには辛い経験を味あわせてきたApp Storeですが、今後どのように変化して行くのでしょうか。固唾を飲んで定点観測してまいりたいと思います。