アップトーキョー

トーキョーを加速(ブースト)するアプリを紹介

【リワード広告死亡秒読み】9年目の大刷新。新App Storeでアプリランキングが消える #AppStore定点観測 6/6

   

2008年に登場したスマートフォン向けアプリダウンロードプラットホーム『App Store』が、10周年間近となる今秋、大変革の時を迎えることが明らかになりました。

日本時間の6月6日午前2時に開催された、Appleの開発者向けイベント「WWDC2017」のオープニングで紹介されたiOS11に搭載される「App Store」は、丸が取れて尖った印象だけに留まらない驚きをもたらせたのです。

App Store画面下部のタブメニューをご覧ください。上が現在(iOS10)、下がiOS11のタブとなります。

新しいApp Storeのタブメニューは「今日」「ゲーム」「App」「アップデート」「検索」……なんと「ランキング」が消えてしまいました!!

これはもう大事件です。アップトーキョー的には走馬灯です、蛍の光が流れる店内で見切り品にシールを貼付する気分です。

ほーたーるのー

ひーかーりー

アプリーのブースト〜。

ランキング不正のつきーひー

かさーねーつつー

いーつーしかーiOSもー

じゅういちにー……。

はい、もうすっかりお通夜状態なわけですが、ランキングが完全に見れなくなったわけではございません。

そうです、タブから消えただけなのです。ほとんどのユーザーはタブからしかランキングを見てきておりませんのでほぼ絶望的ではありますが、夏を通り過ぎたあたりで再び僕らは出会うだろう、この長い旅路のどこかで。

ゲームのランキングを見る場合、「ゲーム」タブへ切り替えて上から「特集」→「新着ゲーム」→「レッツプレイのコーナー」→「有料ランキング」へとスクロールさせたところにやっと「無料ランキング」のトップ3がおでまし。

深えよ!!

さらに4位以下のランキングを見るためには「すべて表示」を押さなくてはいけません。

これはもうアプリはランキングを見て探してくれるな、という意思の表れでしょう。これまでもApp Storeはカテゴリーを出したり引っ込めたり、検索機能を強化したり、近くで人気のアプリという人気のない機能を追加したりと、ユーザーがランキング以外で新しいアプリと出会うための施策を何度も講じてまいりました。しかしながらリワード広告や中華ブーストが乱れ飛び交う狂気のランキング至上主義はまったく変わらなかったのです。

アップトーキョーは2年以上に渡り毎日、その惨状をお伝えしてまいりましたが、ついにこのカオスへメスが入ることとなったことについては、この上なくまったく走馬灯でございます。

というわけで、リワード広告もろとも、ブースト勢の皆様におかれましては死亡確定の時限爆弾のタイマーが秒読みを開始いたしました。規約違反を犯しながら、「App Storeランキング1位獲得!100万ダウンロード!」などと恥じらいもなく公言してユーザーを欺いていたことも、iOS11という殺傷力最強の大爆発によって走馬灯として悪業の数々を思い出すことができるでしょう。

しかしながら、まだカウントゼロまでは悪あがきを続けることが可能です。さあ、明日から、預金や金庫に保管された札束を掻き集め、アドウェイズへ!CAリワードへ!ファンコミュニケーションズへ!GREEリワードへ!皆んなで走りましょう!!一花咲かせてから散れば良いのです、期待しております!

ちなみに、見逃し安心遡れるApp Store総合ランキングビューアーアプリは、アップトーキョー謹製のこちらをどうぞ。

それでは涙を拭いて、明日からも頑張ってください!